スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい覚悟で生きる 2

いい覚悟で生きる~
あきちゃん先生のコメントをコメント欄でのみ
残しておくのは勿体無いので、紹介いたします。

あきちゃん先生のコメントより(続編)~

「思ったより、全然、元気じゃない?」
この言葉が、長期療養の患者には辛いのです。
「じゃあ、痩せ細って、青白い顔をしていればいいのか!」
と、わかったような言葉の心なさに傷付くのです。

そんな人でも、四六時中、疾病のことを
考えているわけではありません。
そんなときに、親しいひとの顔や音楽、
書物や趣味のことを考えたりしているはずです
こうした思いを反芻して、鼻唄混じりの気分に浸るとき、
これが「心の宴会」です。

旧約聖書にも、「悩んでいる者の日々はことごとく辛く、
心の楽しい人は、常に宴会を持つ。」とあります。

トルストイも、アンナカレーニナの中で、
「幸福な家庭はみな、一様に似通っているが、
不幸な家庭は、皆とりどりに不幸である。」
と言ってますし。

これによって、微笑みを取り戻すことが、
いばらの道を進む原動力となるのです。


ここまで~

そういえば、同じことをかーこが病で苦しんでいた時にいっていました。
「思ったより元気そうじゃない・・?」
この言葉に傷つくと・・。

確かに、健康な人はその言葉に患者さんが傷つくなど
思いもよらないです。
実際私もそうでした。むしろ、元気づけたいがために
発してしまうこともあるかもしれません・・。

「頑張ってね・・」
の言葉にも傷つくというのを聞いたことがあります。
これ以上、何を頑張れば良いのか・・と。

言葉はそういう意味で本当に時と場合によって刃になるので
気をつけて発しないといけません。

私には、忘れられない心の友(故人)がいます。
身体が動かなくなる病気を患いながら、
いつも周りをあたたかい眼差しでみつめ、
笑いを振りまく方でした。

「心の宴会」を常に意識していた
方だったように思います。

どんどん身体が動かなくなる「いばらの道」を歩みながら、
最期まで動く指数本で周りに笑いを与えていました。

あきちゃん先生のご紹介にある、トルストイの
「幸福な家庭はみな、一様に似通っているが、不幸な家庭は、
皆とりどりに不幸である」

笑顔の優しい少年が残忍にも殺され亡くなった
悲しい痛ましい事件と、この言葉は
なぜか結びついていまいます。

また、私もこの本を熟読しあきちゃん先生とともに
感想を紹介したいと思います。
スポンサーサイト
プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。