スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子宮頸がんワクチンの副作用

昨夜、ニュースで
子宮頸がんワクチンの副作用について
医学界で「心身の問題」としたと報道されているのを見て
たまらない気持になった。


心あるお医者様が、
この副作用は心身の問題ではないと考えるのが当たり前であり、この状況を心身の問題とすると
少女たちが気の毒だと反論をしていた。
医薬品メーカー、医学界という大きな組織、
患者さんたちにかかわった少数のお医者様といった構図が
ニュースからみてとれた。


やはり歴史は繰り返す。


テレビではワクチンの副作用で
線維筋痛症のような痛みを発症し、
杖をついてやっと歩いている少女の映像が流れた。
ワクチンを接種した少女たちの全体の数から見れば
副作用の出た少女は少数の立場にいるのだろうけれど
そんな彼女が治るなら何でもすると悲痛の声をあげたとき
自分の辛かったときの状況がフラッシュバックし
彼女が発した言葉が私の心に突き刺さった。


少数の声は、時には大きな力によって握りつぶされようとする。
世の中は複雑多様化し
多数決で決めなければ進展しないことも多々ある。
しかしながら、
こうした薬害の問題や脳脊髄液減少症の問題は
人間の尊厳や命に係わるもっとも繊細な問題であり
少数の声を握りつぶすことは絶対許されないと私は思う。


企業の利益、個人の名誉などは
こうした少数の声を握りつぶして得られてはならない。
副作用により辛い体になってしまった患者さんに対して
あなたがそうなったのは心の問題であるということは
原因の一端を担いでいる医薬品メーカーの
責任逃れとしか言えないと私は思う。


利権と絡み合い声を小さくするお医者様達。
そうした構図の中で切り捨てられそうになる被害者が
声なき声を一つ一つ選びながら発する言葉にこそ真実はある。
身体の辛さからメンタルが沈むことは間違いなくある。
そこを否定するつもりはないが
副作用の問題を別の場所に置き、心の問題にすり替えて
開けてはならない箱の中に押し込めようとする流れが見て取れる。
こんなことになろうと知らずに
ワクチンを信じて接種し
思いがけない苦しみに突き落とされた少女たちが
可哀想でならない。


彼女たちは決して心の問題で諸症状があらわれているのではない。
辛さで心は沈んでいるのは間違いないだろう。
けれども心の病が彼女たちに副作用を与えているのではない。
間違いなく彼女たちは
子宮頸がんワクチンという薬害の被害者だと私は思う。




スポンサーサイト
プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。