FC2ブログ

前原海斗くん応援サイト



2007年 報道ステーション


下記は今から8年前に交通事故に遭い、その後
脳脊髄液減少症と向かい合っている
前原海斗君のお母様の手記です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「平成16年6月5日 土曜日 午前10時頃の1本の電話で、
私は頭の中が真っ白になりました。
それは、ついさっきサッカーの練習に向かった海斗の事故を
知らせるものでした。
現場に焦りながらたどり着いた私の目に映った海斗は、
今まで見たことのない様態でした。
目は閉じたままで、息づかいは荒くすごい汗をかいており、
尋常ではない事がわかりました。
救急車の中でも海斗は目を閉じたままで、
声をかけないとこのまま永遠に眠ってしまうのではと
私は怖くなって、声をかけ続けました。
海斗は声を発することはなく、うなずくのがやっとでした。
病院では足のレントゲンだけ撮って帰されました。
足には傷があり出血もしていたので、その診察しかなされませんでした。
海斗は自力で立つ事も出来ずにおり、
頭痛と吐き気を訴え嘔吐もしました。
意識ももうろうとしている海斗の症状は
脱水症状だと言われました。
私は診察に納得がいかずにおりましたが、
仕方なく一旦自宅に戻りました。
その後もグッタリとして顔色も蒼白く、
眠ってしまう海斗に言われようもない不安で
主人の帰宅を待って、別の病院を受診しました。
その病院に向かう車の中で
やっと海斗は会話ができるようになりました。
事故からすでに8時間が経っていました。
海斗は左頬にあざがありました。
事故で私が駆けつけた時も、
助けて下さった方から鼻血が出たと聞いていました。
また後頭部にはたんこぶもあり、
明らかに頭を打った兆候がありました。
病院でも頭部のレントゲンを撮り、
頭部外傷後の注意事項を書いた紙をもらいました。
海斗も車の中での会話は、時間帯が合わなかったり、
意味不明な事を話していましたが、
徐々に普通に会話が出来るようになっており、
頭部のレントゲンも撮ってもらったので、
私はやっとホッとした気持ちになってして帰宅をしました。
その夜、海斗は寝るときに「怖かった」と涙ぐんでいました。
私は添い寝をして寝顔を見守りました。
何度か夜中もうなされる事もありましたが、
特別容体が急変する事もなかったので、
いつもの海斗の寝顔に、大事に至らなくて本当に良かったと、
安堵感すら覚えました。
この時は私はこれから起こる事態に全く気付いてはいませんでした。」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この日を境に、前原海斗くんは脳脊髄液減少症及び、高次機能障害、
成長ホルモン分泌不全と向き合わざるをえなくなります。


下記は、前原海斗くん応援サイトより転載させていただきました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「前原海斗くんは平成16年6月5日の交通事故により、
脳脊髄液減少症・成長ホルモン分泌不全症・高次脳機能障害を患い、
相手方保険会社に対し提訴致しましたが、
1審、2審ともに事故との因果関係を認められませんでした。


現在、前原海斗くんは最高裁に上告と上告受理の申し立てをしています。
人権救済の砦である最高裁判所が、
東京地方裁判所や東京高等裁判所の間違った判断を改め、
被害者が救われる公平で公正な判決を下されるように、
司法に働きかけるべく、署名を開始致しました。
皆様のご理解とご協力をお願い致します」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


下記は私見です。


交通事故により脳脊髄液減少症を患ってしまった場合、
司法の場に「公正」を求めるのが果たして良い選択なのだろうか
と、裁判で苦しんだ過去の患者さんの話をきくにつけて
正直思います。


ある方は、心の区切りをつけたくて・・とも
おっしゃいました。
泣き寝入りしたくない・・とも。

その結果、傷口にさらに塩をすりこまれるような
判決と向き合った多くの事故被害者がいます。


交通事故裁判の難しさの背景には、強力な権力との
闘争があります。

誰が裁判なんかしたいでしょうか?
だれも、裁判なんかしたくないと思います。
それでも、どうして裁判をするのか・・というと
この社会に間違いなく存在する目に見えない
「理不尽」と戦うためなのかもしれません。


動かなければ何も変わらない
自分のような思いを誰にもしてほしくない・・
そんな気持ちからかもしれません。


事故との因果関係を認めないのであれば、
何故その事故を境に海斗くんの体調は変わったのかを
誰が説明できるでしょうか。


もし自分の子供だったらと考えると
どうでしょう。


事故が原因で脳脊髄液減少症を患った
患者や家族は、交通事故により
予測不可能な奇怪な症状が波のようにでて
立つことも座ることも苦しくて、
自分の症状を自分で予測できず、
どんどんと寝たきりになる可能性のある
脳脊髄液減少症という病が
確実に存在することを目の当たりにします。


もしよろしければ、海斗くんの応援サイトに
訪問してまずは声をきいてください。

http://www.kaitonomikata.com/
スポンサーサイト



プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード