スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜と霧

この本を手にしたのは昨年で、
私たちのブログにコメントをくださる
あきちゃん先生のおすすめの一冊です。

一読した後の感想は、
言葉にならない・・でした。
そして、いつも気に入った本は何度か読み返すのですが、
読み返すたびに絶句してしまう描写の数々と
信じられないような人間の行動に、
どういう感想もあまりにも薄っぺらいもので
言葉にならないというのが正直な気持ちでした。

この本は、ヴィクトールEフランクルという心理学者で、
強制収容所の体験者が自らの経験したことを
感情論ではなく冷静かつ沈着に洞察して記された
事実に基づく手記でした。

それまで、私はアンネの日記やアンネにまつわる本を
読んだことがありましたので、
漠然とアウシュビッツやそのほかの収容所に
ユダヤ人が強制収容され、そして過酷な環境で労働を強要され、
その中の多くがガス室で殺されたという事実を知っていました。

しかし、この本は強烈にそれまでの漠然とした印象を
塗り替えるものでした。

それは、筆者が体験した地獄絵図の詳細と、
そして被収容者の心(魂)の描写を
生々しく語っているからでした。
筆舌しがたいような経験の中、
人々がどのような心の状態へ変化していくのかということ・・
助け合うべきはずの人の中にも、
保身のために人間性を忘れ他者を裏切る鬼畜のような行為があり、
またその反面敵と思われるような人々の中にも、
思いやりを配る人々がおり、
そんな中、とうてい信じがたいような経験を強いられた人々の心が、
対人関係や自分自身の心との対峙で
どのように変化していくのかを表していました。

死と隣り合わせの毎日、
食べるものも具のない冷めたスープ一杯の日々の中、
希望を見失わずいたものがいたことに
私は衝撃と深い感動を覚え、
人間の素晴らしさを感じました。

「完全な内なる自由を表明し、苦悩があってこそ可能」な
「おのれの真価を発揮する機会を活かした」

人間が存在したのだということを
フランクルは語り、
降りかかってくる抗うことのできないような運命の中、
そのような経験を

「本当の自分を見出すチャンス」

ととらえて、時にはその運命に流されながらも希望を失わず

「人間の内面は外的な運命より強靭だ」

ということを体現した人々が実際にいたことを語っていました。

恐らく、そういう心の状態の人々の中にも、劣悪な環境の中、
アンネフランクのように、病にかかり
ガス室に送られてしまった方々もいたでしょう。

死がこの世の終わりだとしたら、
その方々の生の意味を見出すことがないかもれません。

しかし、私は死してなお人の魂は生き続けると固く信じているので
その方々は実は大成功の人生を送った人だと思えます。

脳脊髄液減少症を取り巻く環境も徐々に変化していますし、
この病になった個々を取り巻く環境もそれぞれだと思います。
家族の支援を得られる人とそうでない人、
そして医師にすぐに診断してもらうことができた人そうでない人、
治療の効果を感じられた人と時間がかかる人など
それぞれだと思います。

個人の経験は、その人でしかわからないし、
まして、私のような経験もしていない人が
とやかく言えることではありません。
ただ、感じることは
時間の流れの中で必ず変わることがあり、
苦の後苦が続き続けるのではなく、
希望をもって生きてほしいということです。

フランクルがいうように、
どんな悲惨な経験や体験をしても、
「人間の内面は外的な運命より強靭」であることを
人は体現できるんだと信じてほしいと思います。

妹の回復し完治するまでの過程には浮き沈みもありましたが、
苦しいときにも回復を信じ続けていましたし、
自分にとって良いと思うことを年単位で継続していました。

自分にとって良いことが他人にも良いとは限りませんので
敢えてここで紹介することは避けますが、
(もし興味があるようでしたら
過去ログを読んでいただければと思います)
自分の信じる道を生きて、そして無限の「希望」を
持ち続けてほしいと思います。
スポンサーサイト
プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。