スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族

台風一過で、関東は晴れましたが
体調が辛い患者さんが多かったのでは
にか・・と心配です。

さて、下記柳沢桂子さんの「いのちのことば」
の中の「家族」の章からの一説を紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

愛するとは
ほんとうにその立場に立ってものを考え、
行動することだと思います。
その愛こそが、私を内的に能動的にしていると
やっと実感できるようになりました。
人間を愛せた喜び。その喜びが私の心を満たすとき、
その他のいっさいのものが色あせて見えます。

人の助けを必要とする弱者は、
人々に真の喜びをあたえうる存在であることがわかる。
弱者を手助けすることによって、
助けた人の心が満たされる。

苦しみをいっしょにわけもとうと
手を差し伸べてくれるひとがいるということは、
人間のもつもっとも大きな喜びの一つではなかろうか。
温かい気持ちに守られて、
大切に思われている毎日は、
肉体的に苦しくとも心は満たされている。
心は癒され、慰められ、安らいでいる。


以下続く・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「家族」の章の前に「病」の章があります。
そこで、柳沢桂子さんが
病名がつかなかった時に子どもにすら
苦しい病のことを話せなかった・・と
書かれていました。

だから、上記は病名がついた後のお気持ちを綴った
ものだと思います。

外見からわかりにくい病は
家族の理解をも超えているということも
納得できる気がします。
だからこそ、病名がつかない時の患者は
とても追い詰められてしまうのだと思います。

どんな病も、温かい気持ちに守られるべきなのに、
病の中にも選別があり、社会的にも経済的にも、そして
医学の見地からも・・守られる病と、そうではない病が
存在しているのが現状です。


保険適用を早期に実現してほしいです。


多くの病が市民権を得た過程でも
家族の働きかけももちろんあったでしょうが、
患者の声がきちんと体系的に整理され、
医学を学ぶ先生方に適切に学ばれていったのだと
思います。


家族もそうですが、医師も経験が無いわけですから、
患者と向き合うときは患者(=経験者)の言葉を
まっすぐに受け止めることはとても大切だと思います。

そういうことがなされたと感じた時、
「肉体的に苦しくとも心は満たされている。」
という柳沢桂子さんが述べられたような言葉が
患者からでるのだと思います。

私は、肉体的苦しみを訴えるかーこを前に
何もできなかったことが
とても辛かったことを思い出します。

肉体的苦痛をとるのは医学の分野ですが、
精神的苦痛をとることができるか否かは
周囲の対応にかかっています。

だからこそ、経験の有無に関係なく、
苦痛を訴える患者の周囲にいる人は
優しくあってほしいなと思います。
スポンサーサイト
プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。