FC2ブログ

理不尽な対応を受ける(一分で感動より)

「理不尽な対応を受けるのは
大切なことなのだ。
なぜなら人は理不尽な対応を
受けることによって
人間観察眼が磨かれるからだ。
人生を成功させるか否かは、
人間をどれだけ知ることができるか
理解できるかが決定打となる。」



これは吉永圭佑さんが毎日綴る
「1分で感動」で紹介されていた
話の中の一説です。

そして、また下記のようにも述べています。


『人生を成功させるか否かは、
人間をどれだけ知ることができるか
理解できるかが決定打となる。
どんなにカチン!と来ることがあっても、
超(ちょう)上から目線で
今の状況を俯瞰(ふかん)して見るのだ。
すると相手の言動にはすべて
理由があることに気づかされる。
理不尽な言動を発信する人間には、
何かに脅えていたり
強烈な劣等感を持っていたりするということに
気づかされる。
それに気づくと相手に同情できるようになり、
「自分はこんなことをするのはやめておこう」
と心底思い遣れる。
理不尽な言動を発信してくる人に対する
最高の復讐とは、
負けないように理不尽な対応で
仕返しすることではない。
同情することが最高の復讐になるのだ。』



理不尽なことに対し、
怒り狂いそうになることはありますが、
「理不尽な言動」を凶器に例えると、
その差し出された凶器を自ら受け取って
そして胸を刺すのか、刺さないのかは
自分にかかっていると語る
アンソニーロビンズ氏
言葉が、私の心にずっと
残っています。


刺して痛く苦しむのは、
「理不尽な言動」(=凶器)を
(手に)している人ではなく、
それを悔しくも受け取ってしまった
自分です。胸に刺すか刺さないかは
自分にかかっています。



かーこも、加害者の不誠実さに怒り狂い、
そして具合まで絶不調に落ち込み、
心身ともにボロボロに疲弊してしまった
ことがあります。


だから、その経験が必要だったとも思います。
その経験をしたことにより
手放すことを選択できたからです。


理不尽な言動をされると、人間観察力が
増える・・これはその通りだと思います。
とくに、弱者の気持ちが深く想像できる。


人生の成功・・ある人にとっては、出世すること、
ある人にとっては、有名になること、
ある人にとってはお金を沢山もつこと・・
価値観が人の数だけ存在するように
そういう価値観はあるかもしれません・・・。
強者が弱者の気持ちを深く理解することは
至難な業だと思います。


しかし、人生の成功が、この話で紹介されたように、
どれだけ色んな人の心を想像して、心を痛めることが
できるか・・ということだとすると、


理不尽な扱いを受けた経験者なら、
自分の経験を重ねあわせることができ、
経験をしていない人よりも
誰にも負けないくらい、
弱者に寄り添うことができ、
どんな名誉や地位がある人よりも、
人生の成功者なのだと思います。


そういう意味では、
自分の意にそぐわない
理不尽さを味わうこととなった経験は
マイナスではなく、自分を高める
プラスの出来事なのかもしれません。


人はジャンプする前大きくかがみます。
どんな出来事にも必ず意味はあり、
それをプラスに意味づけするか、
マイナスに意味づけするかは
その人その人にかかっていると思います。
スポンサーサイト



プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード