スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美意の杏配



一年ほど前、テレビで偶然聞いた
「美意の杏配」というインドの逸話を
このブログで紹介しました。

内容は下記のとおりです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

昔王様と家来が散歩をしていた。
そこに、猛獣が現れて、
王様の指をかみちぎってしまった。

王様は家来に
「なぜ助けてくれなかったのか・・」
と怒った。

助けられなかった家来はひとこと、

「美意の杏配(びいのあんばい)です。」
(天の美しい配慮によってきめられている事)
・・・と。

王様は怒って、家来を牢獄に入れてしまった。

その後、しばらくして王様は一人で
また散歩にでかけた。

その時に、人をとらえて、いけにえ
にする集団に捕まってしまった。

しかし、王様の指が無いのを見ると、
「この人は神からの遣いだから殺してはならない」
といって、王様を逃がしてくれた。

王様は、牢獄に入れた家来の所にいって、
「指を猛獣にかまれたことで、自分の命は助かった・・・。」
といい、家来を牢獄に入れてしまったことを
お詫びした。

家来は、

「これもまた、美意の杏配です。
お詫びはまったく要りません。
王様が私を牢獄に入れてくれたお陰で、私も命が
助かりました。もし、一緒に行っていたら私の
命はありませんでした。」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実は、ある患者さんからご自身の闘病の話を
教えてもらい、この「美意の杏配」の話を
思い出しました。

その患者さんは若いころに
脳脊髄液減少症を発症されて、
じわじわと体調を崩し
あるときに劇悪化して様々な神経症状とともに、
歩くことも困難になりました。
数十年たった今、
自分なりにいくつかの治療を試みて
痛みがかなり楽になり、日常生活でも
雪が降れば、雪かきもできるようになった・・
と教えてくださいました。

そして、ご自身の辿った過程すべてが
自分には必要だったと思う・・と
すべてを肯定されていました。


辛いときに、その現状を肯定することは
とてもできないと思いますし、
できなくて良いと思います。


しかし、前に進む時の流れの中で、
いつか肯定できる時がくる・・
そういうことを、私に教えてくださった
ように思います。

お話しを通じて、その方の心の穏やかさも
感じました。

ご自身に合う治療を継続されて、
益々ご快復されますことを
心よりお祈りいたします。


オンライン署名

紙面による署名



Twitterボタン
Twitterブログパーツ





スポンサーサイト
プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。