FC2ブログ

高等裁判所判決

和田留美さんの高等裁判所での判決。

私が聞きたいのは

病名がつかなかったのは患者の問題ですか?

ということ。

事故後7ヶ月間ドクターショッピングを繰り返した私。
どの医師も異常なしと私に言い続けた。

東京に行く直前、抜け殻のような身体をたずさえ
点滴をしてほしいと医師に懇願した。
それでも、
「あなたには所見がないからできない。」
と断られ
「先生は私には何もしてくれないのですね・・・。」
と大泣きして帰った。

その直後、山王病院の高橋医師により確定診断。
腰椎より5箇所以上髄液漏出あり。
髄液漏れの数値もかなり酷く、
恐らくあのまま放置していたら
私は生きていられなかったと思う。

以下、和田留美さんの2審判決。
1審もひどい内容のものでしたが・・・。

下記るみさんのブログより転載します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日、名古屋高等裁判所にて判決がありました。
原告、被告双方が控訴しての2審でした。

損害賠償額の変更はされなかったが、

①一般に整形外科医は追突事故による後頭部の痛みを
 頸部痛と診断し、起立性頭痛の有無等に関心を払わず、
 原告を診断した整形外科医も
 この点について問診しなかったからにすぎない。

②事故により乗員が受ける衝撃その他の身体に対する
 外力の作用のあり様は、必ずしも事故自体の大きさと
 比例するとは限らず、また事故による
頸部捻挫等においては、当初の症状等から
想定される治癒期間を越えて
症状が遷延したり拡大したりすることも
 事実上しばしば見られる。


という判断がされましたことは、
大きな前進であると考えます。 

一方で、事故から診断が付くまでの期間が
1年4ヶ月が経過している点を指摘され、
原告側の証人、証拠は採用されませんでした。

多くの方々が病気の診断がつくまで
長い時間が掛かっているのが脳脊髄液減少症です。

この事実を司法に理解して頂くことが
今後の課題であると思います


rumiは脳脊髄液減少症全国ネットワーク架け橋の
患者代表として頑張り、又
苦しんでいる皆様の為にも
最後まで諦めずに戦うそうです。

以上略式ながらご報告まで。

............................................


ここから、私の意見です。

医師が机上の理論を繰り広げ
この病の否定を繰り返し
患者を見捨て
医師として病を知る努力を怠り
早期発見をしなかったばかりに
司法の場でもこれほどまでに患者が切り捨てられる。

こんなこと・・・あってなるものかと思います。





Twitterボタン
Twitterブログパーツ



「脳脊髄液減少症公正な判決を求める会」

署名用紙のダウンロード







スポンサーサイト



プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード