スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

損賠訴訟

損賠訴訟:生徒傷害で同級生に4100万円賠償命じる 学校請求は棄却 /鹿児島
 ◇鹿児島地裁
 体育の授業中に同級生に顔をけられ両足に後遺症が残ったとして、鹿児島第一高校(霧島市)の3年男子生徒が、同校を運営する都築教育学園(都築美紀枝理事長)と当時の同級生に対し約5800万円を求めた訴訟の判決が22日、鹿児島地裁であった。久保田浩史裁判長は同級生に約4100万円の支払いを命じた。学園への請求は棄却した。
 判決などによると、当時1年だった男子生徒は05年11月、授業でバスケットボールの試合中、手が顔に当たったとして怒った同級生から顔をけられた。男子生徒は骨折や脳脊髄(せきずい)液減少症などの傷害を負い、両足に後遺症が残った。指導していた体育実習助手は当時、目を離していた。同級生は傷害罪で執行猶予付きの有罪判決を受け、確定している。
 久保田裁判長は判決で「男子生徒が負った傷害は、同級生が故意に顔をけった結果と考えるのが自然」と認定。学園側については「同級生が暴行に及ぶことを予見することは困難で、安全配慮義務違反には当たらない」と述べた。【黒澤敬太郎】

毎日新聞 2011年11月23日 地方版

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


これを読んだ時に、裁判官の心証や現場の状況、
もろもろの複合的な要因が
「脳脊髄液減少症の裁判」の行方を左右している
と思った。

<1> 被害者は同級生の明らかな悪意(故意)
による暴力により、後遺症をともなう
脳脊髄液減少症を発症している。

<2> 学校事故であり、監督責任のある
体育実習助手は目を離しているが、その
責任は問われていない。

<3> 外傷により脳脊髄液減少症を
患ったことがあきらか・・つまり、
因果関係が相当と認められており、骨折もしている。

<4> ブラッドパッチをしたかどうかは
この記事だけではわからないが、もし
ブラッドパッチをしたとしたら、
完治が暗黙の条件となっているような
ケースが多い中、被害者は手足のまひという
後遺症が残っているにもかかわらず
「脳脊髄液減少症」と認められている。
それとも、麻痺は別の要因?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


同じ「脳脊髄液減少症」を患った裁判をみてみると、
一審敗訴、二審控訴棄却のすえ、最高裁に上告した
轟愛さんのケースなどは


一審では<2>とは正反対で
「先生が目を離したことの責任」のみ
認めてはいるものの、


<3>の外傷により脳脊髄液減少症を発症したという
事実は下記のような資料をもっても
悉く採用されていない、


・外事故をきっかけに体調が崩れ病院を
転々とした事実、

・外傷後、学校に行けなくなっていることを
多くの友人が証明

・2年後にやっと病名にたどり着き、
画像で明らかな髄液漏れがわかり、
外傷による「脳脊髄液減少症」と
3名の医師に診断されている事実。




轟愛さんは、明らかに
外傷により「脳脊髄液減少症」を発症している
これは鹿児島の裁判の被害者と同じだ。


違うのは、その事故を取り巻く環境と
事故から病名の発見までにかかった時間だと思う。


そこも・・

事故は、本来蹴るとは考えられないバレーボールが
蹴られたことによりおこったが、教師がそこにいて
注意していたとしたら防げたものだと思う。

事故から病名までにかかった時間は、
愛さんに原因があるわけでなく、
医者が見落としたことに原因がある。





高知県で有名な雷裁判がある。
一審で負けて二審で勝訴している。
長い時間かかった裁判だ。


学校側が雷警報を軽くみ
注意義務を怠ったことにより、
男子生徒に雷が直撃し、
重大なけがを負わせたことで
損害賠償が認められた。


この学校は高知県では一番の私立校であり、
これがもし公立校だったとしたら
同じ判決がでたのだろうか・・・。


とにかく・・


学校の先生が注意義務を怠って、
生徒に重篤なけがや、事故が起因して病を
発症させたとしたら
非難されるに値すると私は思う


色んな外的要因や事故を取り巻く環境により、
同じ「外傷による脳脊髄液減少症を患った」
という事実が・・

色んな証拠をもって、
勝訴になったり、敗訴になったり・・する。 



裁判を起こしたくて起こしている人はいないと思う。
お金もかかるし、精神的な労力は並大抵ではないし・・。
でも、現状なら患者はどこにも救済されないから
司法の場で真実を見極めてほしいと思っているのだ。
できるものならお金なんていらないから
身体を返してほしい・・それが多くの患者の願いだ。


轟さんの最高裁での動きに、
何か協力できることがあれば
そうしていきたい。


Twitterボタン
Twitterブログパーツ

スポンサーサイト
プロフィール

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。