スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BS朝日の放送をみて

昨日、BS朝日でスーパーJチャンネルで放送された
脳脊髄液減少症の再放送がありました。



15分の放送後、アナウンサーの方が
「区別と差別」ということで
お話ししてくださいました。

行政の方は区別と思っているかもしれないが、
認められない病というだけで何ら援助をうけられない
患者は差別としか思えない・・。
一日も早いサポートをと
強く訴えてくださいました。


関西や四国で放送されなかったということで
恐らく声が上がったのだと思います。
その声を、このように早く全国放送で
再度流してくださったBS朝日に
お礼と感想を・・。

BS朝日


区別と差別・・私はある患者さんが
「自分は隔離されているような気持ちになる・・」
といった言葉が忘れられません。

仕事ができなくなって、
行政から何らサポートを得ることもなく、
そして外に一人で歩いていくことも
できないほど辛い体調になり、
万一家族からも理解されない環境にいたとしたら・・


差別の究極の形「隔離」を心に作ってしまいます。


ハンセン病の歴史は、私たちに多くのことを
教訓として残しています。

「隔離」を実行して多くの何の罪もない患者を
長年外界から閉ざし続けた日本。


ハンセン病の歴史は、あってはならないことだったと
今多くの人が認めています。


実際に隔離されてきた歴史の中で
生きた人の過去に焦点を当てると、

真実を知らされず、人々が誤った認識のもと
差別し隔離された

歴史の犠牲者であり、
被害者なのです。


ハンセン病の歴史でも、隔離は必要ではない・・
と訴えた医師は、隔離が必要だと
主張する医師により、つぶされました。


過去の歴史を無駄にしてはいけないと思います。


正しく真実を知り、
そして、正しく感じ、考えることが
求められていると思います。

診断基準により、同じ脳脊髄液減少症患者を
「区別」するのは・・
実は「隔離」されたと思う患者を
これからも生むかもしれない「差別」
だと私は思っています。

脳脊髄液減少症の置かれている
状況がいかに不条理極まりないかという
ことを正しく伝えてほしいです。

医学論争を考えてほしいと思って書いた過去の記事
脚気論争も読んでみてください。


マスコミ報道が持つ力
正しく伝える力を曲げることなく
これからも、忘れ去ることなく
悲しみの患者を増やさないように
伝えていってほしいな・・と思いました。


Twitterボタン
Twitterブログパーツ





スポンサーサイト
プロフィール

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。