スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辿るべき道がもしあったとしたら・・

数日前のブログの記事に
初めてコメントしてくださった方がいます。
早期発見早期治療で完治して
5年が経過しているようです。

下記の元患者さんが辿るような道を
すべての患者さんが辿るようになれば、
身体だけでなく心に受ける深い傷も
少なくなると思いました。

コメントを残してくださった
元患者さんのお言葉を紹介します。
改めてご紹介いただきましたことに
感謝申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は、早期発見から治療開始までの流れを
書いて見たいと思います。

ちなみに、私は現在○歳の男性です。

今は○年生の三男が幼稚園の
年長さんだった時の事で、
季節は6月でした。

いつもと変わらぬ朝でありましたが、
何となく頭が重い感じがしており、
寝不足かな?程度で特に気にも
とめておりませんで、いつものように
息子を車に乗せて幼稚園へ向かいました。

幼稚園に着いた頃には、
随分と首の辺りも痛み出しまして、
これは何か骨にでも異常が出たのだろうと思い、
そのまま整形外科に行きました。

そして、受付を済ませたものの、
起きている事が辛くなり、
待合のシートに横になってしまいました。
ところがどうでしょう、
横になれば痛みが引いていき、
何もおかしくないように感じるのです。

しかし、診察の順番が来て起き上がりましたら、
あっという間にもの凄い頭痛に・・・
やはり何かが変だと思いつつ、
レントゲン撮影となり、診察室へ。

これは相当酷い病気に違いないと思い
椅子に座ると、先生が一言。
異常はありません。
!?
異常なし???

ただ、ここでラッキーだったのは、
その先生が脳外科に行ってみなさいと、
直ぐに言ってくれた事でした。

そして、駐車場に戻り、車で横になり、
回復を待って5分先にある
脳外科のある病院へ行きました。

そして、診察台に横になっている所へ
先生がいらっしゃいまして、
起きると苦しいのでしょ?
十中八九脳低髄圧症候群です。

このまま入院が必要ですと
告げられました。

ええ??何も診察していない
じゃないですか!と言ったのですが、
まあ、間違いないよと一言。

それで、その病気は治るのですか?と
聞きましたら、ほぼ治るから
安心しなさいとおっしゃいました。
今から5年前の話です・・・。


そこで、どんな治療を?と
聞きましたところ、点滴をして圧を高めて
穴が塞がるのを待つと言う事でした。
それだけ?と聞きますと、それだけとのこと。

だったら自宅療養で水分を多く
取るってのはどうですか?と聞きましたら、
無理だと思うよと言われたのですが、
家族の事もありますし、
とりあえずは帰ることにしました。

点滴の後は少し良かったのですが、
帰宅後数時間で入院を決意し、
翌日から入院生活が始まったわけです。

治療は、一日2000ccの点滴
(ブドウ糖と生理食塩水のみ)で、
朝から晩まで点滴というものでした。

結果として完治しましたし、
正しい治療法であったのであろうと思いますが、
入院中は様々な障害も起こりましたし、
色々と先生に質問したりしました。

記憶を頼りに、また色々と
書かせて頂きますね。

今日は、随分と長くなってきましたし、
ここまでとしたいと思います。

同症状で苦しんで居られる方が、
快方に向かわれることを
お祈りしております。

また、その手助けに、
私の体験が役立てば嬉しいです


Twitterボタン
Twitterブログパーツ


スポンサーサイト
プロフィール

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。