FC2ブログ

あきちゃん先生へ

薄皮を剥がすような回復期
私がどのように過ごしたか・・・?

それは、ストレスを避け
好きなことと
治療をしていました。

好きなこととは・・・
調子が良い時は
近所に行って花を買ってきて植えたり
本を読んだり・・・。
あっこと電話したりしながら冗談を言ったり。
穏やか過ぎるくらい
ゆっくりとしていました。

ぼ~っとベランダの花を眺めながら
移りゆく季節を肌で感じ
ソファーに座って本を読んだり
しんどくなったらベッドに横になって
うとうとしたりしていました。

でも、週に3日ほどは
点滴など何らかの治療をとりいれていました。

治療については
淡路島は主人が連れて行ってくれたのですが
仕事の都合で週末しか通えなかったので
平日は自分で通える病院や治療院に行っていました。

仕事は焦っても仕方がなかったし
やるならば自分でスタートするつもりだったから
中途半端なことはできず
考えると置いてけぼりになった気がして辛くなるし
また、ストレスになるから
考えないようにしていました。
時期が来るまで焦らずといった感じです。

とはいえ・・・
あれほど色んなことを考えた時期はなかったです。
今考えると貴重すぎる時間でした。

理不尽な状況を
受け入れざるを得なくなった時
それを怒り続けることへの
自分の体に及ぼすマイナスも経験しました。

私に何が起こったかお話したいと加害者に連絡した時
「保険会社に会うなといわれるから会わない」
と謝罪もなく一方的に電話を切られ・・・
あの後、暫くの間
こみ上げてくる怒りを抑えられなかった時期が
私の心が一番辛い時期でした。

でも・・・
人生は経験だとすると
如何に過ごせば幸せに過ごせるのか
あれこれ考え思い悩み
自分なりに到達した気がしています。

ご縁があって手にした本や
ご縁があって出逢った方から
教えていただきました。

薄皮を剥がしながら
時には薄皮を着込んでいるのではと
感じたりしながら
自分の心も少しずつ
そういう思いを解き放していきました。

運命だったんだと思います。
あの事故も何もかも・・・。
全てを受け入れて
完全に前を向きました。

忘れる必要はないと思うし
忘れることはできないけれど
気持ちの面では完全に乗り越えた自分がいて
周りのためにも
自分のためにも
やっぱり笑顔でいようと思っています。


スポンサーサイト



プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード