FC2ブログ

心と身体

先日友達数人と集まって昼食会をしました。
友達の一人は1歳3か月の
よちよち歩きの赤ちゃんのいる友達で、
3人の子供のお母さんです。
話していても、いつもの行動も、
小さいことはあまり気にせず、
肝っ玉母さんといった
おおらかな印象がある友達です。

その友達との会話の中で、
赤ちゃんが8か月のとき、
トラックと追突事故を起こして
次の日から授乳が止まってしまってミルクに変えた・・。
上の二人は1歳までずっと授乳できたのに・・
という話がありました。

彼女の過失で駐車場での
後方確認をしなかったために追突してしまったのですが、
鞭打ち等の症状はその後もでなかったようです。

ただ、私はその話を聞いたあと、
交通事故の及ぼす心的ストレスについて
少し考えてしまいました。

心の闇により病気になってしまうのが、
鬱とよばれる病であり、
心が身体に及ぼす影響の大きさは
社会問題になっています。

一方、身体の病気により心に影響を与えるかどうか・・
もちろん、とても大きく影響を与えると思います。
脳脊髄液減少症など、病院で治療して回復、
完治するまでの道のりの中に、
かーこが言うにはひどく困難な症状があり、
また、対面せざるをえない社会問題も存在し、
治療のみになかなか専念しにくい病では、
身体が辛い上に、心も深く傷つきます。

病を抱えた人は、どのような病であれ、
むき出しの有刺鉄線のような精神状態であると
聞いたことがあります。

だからこそ、
患者と接するときは
言葉の一つ一つに愛や優しさがあることが大切なのです。
ふわふわのタオルで有刺鉄線を
包んで上げる努力が周りには必要なのです。

しかし・・
もし、周りが言葉の凶器、批判や非難を浴びせると
どうなるでしょう・・・。

患者の心は、身体の不調が追い打ちをかけるように
闇へと光を閉ざしてしまう可能性があります。

鬱という病は、心の闇を取り除けば後遺症がなく
治る病であるときいたことがあります。
タレントの岡村隆さんなどは、
今も薬を飲んでいるようですが、
目の輝きを見る限りでは
完治しているように思えます。

一方、脳脊髄液減少症は・・、
心の闇を取り除いても、
根本的な身体への治療がなされないと・・
治ることは難しいのです。

治療が遅れれば後遺症が残ります。
後遺症のことも含めて、
心の闇で片づけようとする
医師や裁判官には過ちがあります。

脳脊髄液減少症には保険適用のもと
適切な治療を一日も早く傷が浅いうちに受ける・・
そして、身体を上げていくとともに、
メンタルのケアが必要なのです。

色んな意味で、
弱者をサポートする優しい社会が
社会問題となっている自殺を減らすことにも
つながると思います。

かーこは、病気の最中
保険会社との接点を極力もたず、
ストレスフルな保険会社との交渉などは
夫にまかせていました。

病気の時に前面にでて、
有刺鉄線のような精神状態で
保険会社と話合いをしたとしたら、
感情のコントロールを失って、
ボロボロになっていたかもしれませんし、
おそらく今ほどの改善は望めなかったでしょう。

一分一秒が辛くて生きていることが
やっとのような症状を抱えた病気の最中、
保険会社からの卑劣な言葉をあびせられても、
心が揺さぶられないくらいに強靭なメンタルを
持てる人などいるでしょうか・・?

病気治療に専念して回復した部分に感謝しながら、
身体の状態を上げていくこと・・
そうすることで心の闇を光へと変えていくこと・・
心の平穏を取り戻すことをしてほしいな・・
と思います。

心と身体は密接につながっています。
どちらが壊れてもバランスが崩れます。
だからこそ、どちらともをゆっくりでも良いので
上げていってほしいです。

患者の皆さんには、
これほどの病を抱えながらも
生きていることに、
誇りと自信を持ってほしいと思います。

苦は必ず本人の魂を磨くと
聞いたことがあります。

どんな状況であろうとも、
小さいことでも良いので
感謝やありがとうといったことを
一個でも二個でもみつけ続けてください。

全ての患者の心が穏やかになる日が、
一日も早く来ますように。


スポンサーサイト



プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード