FC2ブログ

轟愛さんの判決

みんとさんのブログより
......................................................

OBSニュース 2011/9/22
脳脊髄液減少症裁判・高裁が棄却 [17:32]
http://www.e-obs.com/obs-news/genko/DD09220017865.html

体育の授業中の事故で脳脊髄液減少症になり
重い後遺症を負ったとして、
21歳の女性が宇佐市に対して
損害賠償を求めている裁判で、
福岡高裁は22日、原告の訴えを退けました。

この裁判は2003年に体育の授業で
バレーボールが頭にあたり重い後遺症を負ったとして、
当時中学2年生だった轟愛さんが
学校を管理する宇佐市に対して
損害賠償を求めているものです。

争点となっているのは、ひどい頭痛やめまいが続く
愛さんの今の症状が
事故による後遺症といえるのかどうかです。
愛さんは、外傷により髄液が漏れ、
脳脊髄液減少症になったと主張。
一方、宇佐市は後遺症はないと主張していて、
病気の認定をめぐって対立しています。

外傷により髄液が漏れることで
頭痛やめまいが起きる脳脊髄液減少症は、
10年ほど前から一部の医師が
積極的に診断を始めた病気です。

しかし、医学界では髄液はめったに漏れない
とされてきたため混乱が続いていて、
国の研究班が研究を続けている状況です。

大分地裁中津支部の一審判決では、
教諭の過失は認めたものの、
愛さんの後遺症については
医学界の混乱などを理由に認めず、
原告は一部を不服として控訴していました。

こうした中、今年5月、国の研究班は
「外傷で髄液が漏れることがある」
とする中間報告書と診断基準案をまとめ、
病気の存在を正式に認めました。

22日の福岡高裁の判決で、西謙二裁判長は、

「総合的に見ても愛さんの症状は
脳脊髄液減少症とはいえない」

として、訴えを棄却。
原告の主張する診断基準は認められませんでした。

轟さんは今後

「愛さんの治療に専念したい」

として上告するかどうかについては、
慎重に判断したいとしています。
一方宇佐市は

「当方の主張が認められたと受け取っている」

とコメントしています。


『同じ空の下 脳脊髄液減少症と闘う母娘の記録』
で紹介した轟愛さんの裁判です。
http://blogs.yahoo.co.jp/sumomo_6102/5610642.html

..................................................

愛さんは間違いなく事故後遺症を負って
今尚苦しんでいます。

裁判官とはいえ病気でない方から
「総合的にみて愛さんの症状は脳脊髄液減少症ではない」
と言われ、愛さんはどれほどまでに傷ついたか・・・。

事実を事実なしと公の場で言われる悲しさ・・・。

彼女の本の中で紹介されている
13箇所から髄液が漏れている画像は衝撃的で
これほどまでに漏れていると
ショック状態になり命に関わるというようなことが
確か書かれていました。

そこまでの経験を中学時代に負わされてこの判決です。
残念でなりません・・・。


スポンサーサイト



プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード