FC2ブログ

事実あるのみ!

私の2年は何だったんだろう?
と思う。

交通事故後体調不良になり
仕事もできなくて
病名がつかないまま退職し
その後髄液漏れと診断。
ブラッドパッチにより著名改善。

なのに・・・
貴方には髄液漏出は無かったとの保険会社から手紙。

そんなはずはないと意見書を送っても
同じ回答。
ただし・・・枕詞に
「事故による明らかな」
とあり
じゃ~勝手に漏れ出したとでもいいたいの?と
承服しかねる内容。

事故に遭って
理不尽なことを次から次にと経験したけど
とどめが刺された感じ。

これでは患者の怒りはおさまらないよ。

保険会社の担当や損保の代理店は
東京に行く前に私の姿を見て

「これは大変だ・・・
 至急治療を受けてもらわないと
 完全に寝込んでしまう。
 東京に行ってください。」

と言ったにもかかわらずだ。

それは、この病気を
地元の代理店や保険会社が知らなかったからで
後に、東京に私を送ったことが本部に知れ渡り
どうやら本部からお叱りを受けて
県下の代理店を集めて研修会を開いたとやら・・・(笑)

そこでの内容は知らない。
そういう会を開いたということだけ
実は知っている。

どういう知識を広めたのか
本来というか本物の企業なら
「至急、治療をさせるように取り計らうこと」
とするべきだが
どんな研修会をしたのか甚だ疑問で
内容次第では恐ろしいとも思う。

これが
この病気を患い
苦しみぬいた患者の
辿る道なのだろう。

こんなことだから
この病気で苦しむ患者さんが可哀想でならない。

誰がなんと言おうと
私が脳脊髄液減少症を患っていた事実は
事実としてある。
誰に否定されても何てことはない。
事実と違うだけ。

むしゃくしゃするけど
怒ると自分がしんどいから
前向きに生きよう。
スポンサーサイト



プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード