スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同じ空の下

轟 智恵さんと娘さんの愛(まな)さんの共著、
「同じ空の下」が家に届いて、それを一気に読みました。

同じ空の下


愛さんが本当に優しくて、心が綺麗な娘さんだと
愛さんの作る詩、書かれた内容から感じ取りました。

学校で授業中に男子生徒が蹴ったバレーボールが
頭に当たり、その後2年間原因不明の病魔が愛さんの
身体を襲います。身体を切り裂くような痛み、
吐き気・・様々な症状に苦しみ、誰にも
理解してもらえず精神科に入院したりし、
苦しみぬきます。

その間、愛さんは自分があの事故により
体調を崩してしまったということを言ったら、
妊婦の先生が悲しんで、赤ちゃんに影響がでるかもしれない・・
自分さえ我慢すれば・・

など自分以外の誰かの事を思い、我慢します。

でも、身体は我慢が出来る限界を超え、悲鳴をあげます・・・。

あの日を境に、全てが変わったと。

紹介された愛さんの詩が、私の胸に突き刺さります。
あまりにも、少女が作る詩としては、悲しい
痛い詩です。

『矛盾』
・・・・略・・・・・・・
生きたい・・と思った次の瞬間には
消えたい・・と思う・・。
・・・・略・・


他にも、その言葉の奥に隠れた悲しみと
苦しみと孤独が・・
短い詩の中にいくつか紹介されていました。

脳脊髄液減少症の治療している医師に辿り着いたのは
事故から2年。その間学校も登校できなくなりやめて
しまいます。

医師が最初に

「私を探し求めてくれてありがとう。」
と愛さんに声をかけます。
その言葉に、どれだけ救われたことかと智恵さんと
愛さんは言います。
(検査の結果は13か所からの髄液漏れでした・・。)


高橋先生の「辛かったですね。」の言葉に
かーこが救われた時を思い出しました。

お母様の手記の中で、

活動への母と子の葛藤が記されていました。

「活動」には、苦痛が伴うことがあります。
それを「苦痛」と感じるかどうかは個人差がありますが・・、
間違いなく、色んな立場で色んな葛藤があります。

でも、その中でお母様である智恵さんは

『「娘の為に頑張る母親」というイメージは誤解』
であり、娘さんは望んでいなかったと言っていました。

でも、続きます。

『誰のためでもないのです。一言でいうなら、ただ「この
理不尽な世の中に納得できない。」という理由です。やるだけ
やって、それでもダメならしかたない。
ただ何もせずに変わらない世の中を憂いているのが、
自分自身の中で納得いかない』


と述べます。

轟さんのような動きをして、はじめて
「何かがかわる」
ことを期待できるのだと私は思いたいです。

この本が7万部売れた場合にはドラマ化されます。

「無知ほど怖いものは無い」と本でも述べられていましたが、
知っていたら脳脊髄液減少症になるかもしれない
誰かの未来を生き易くできるかもしれません。
早期発見早期治療により元の身体に
戻れる可能性が高いのです。

是非一人でも多くの方がこの本を手にとって
病気を理解していただければいいな・・
そして、ドラマ化されればいいなぁ・・と
思います。
スポンサーサイト
プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。