スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

助けいただけませんでしょうか・・

架け橋の相談窓口に入ってきた悩みですが、
どなたか宮城県仙台市在住の女性Hさんを
助けていただけませんでしょうか・・。

5年前のの交通事故により、脳脊髄液減少症を患い、
仕事を失い現在は働けない状態です。

諸事情により家族とは絶縁状態にあり、頼り先の
ない一人暮らしです。

詳細は下記です。
  
・08年に脳脊髄液減少症かと気づき、
 その後仙台医療センターで脳脊髄液減少症の
 検査を受けるも、RIで漏れが確認できなか
 ったために、その後これといった治療をして
 いない。

・MRI検査にて脳の萎縮は確認されており、
 症状はどんどん悪化傾向にあります。

・現在ペインクリニックで
 痛み止めをもらう程度の治療をしている。

・症状は頭痛・目眩・眩しい・首肩痛い・
  足引きずる・睡眠障害・記憶障害・倦怠感・
  疲労感等・他
  
・貯金は少々ありますが、数ヶ月で底をつきます。

・震災の影響で家具等が散乱していますが、一人
 で片付ける事ができない。
 
・生活保護申請に市役所に行ったものの却下される。
 理由は下記の通りです。

 *少し貯金があること
 *現在の家賃が生活保護の家賃規定の上限を超
  えている、
  (本人の体調から引越しできない)

・・・・・・・・・・・

今、彼女の体調を考えると、引っ越しは難しいです。
被災地ではこちらでは考えられないような状況で
皆さん生活されていらっしゃると思います・・・。


この状況下、生活保護の申請も却下されたのかも
しれませんが・・

でも、保護されなければ、
脳脊髄液減少症の患者の中には
生きていく事ができない方もいます・・・・


彼女に必要なことは、生活保護の申請と、
脳脊髄液減少症の再検査及び
早急なブラッドパッチ等の治療です。

しかし、一人ではどの手続きをすることも
出来ないほど衰弱し、追い詰められています。

被災地では、ご自身のことでも大変だと思いますが、
もし、彼女のところに足を運んでくださる方がいましたら・・
架け橋の副代表 粟津さんの携帯電話
080‐3862‐5010にご連絡をお願いいたします。

粟津さんは、毎日何十件も電話相談を受けていますが、
特に早急に何とかしなければ・・と
感じたと言っています。

なお、この記事につきましては、転載等自由ですので
私からも宜しくお願い申し上げます。

スポンサーサイト
プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。