スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

倫理

いったいどれだけの患者さんが苦しんでいるのだろう?
病名がついた人、病名がつかないままでいる人・・・

最近、そんなことを考える。

ここ1ヶ月、3人の患者さんと話をした。
3人とも状態が非常に悪くて
辛さが想像できるだけに胸が痛む。

治るためにどの方も色々頑張っている。
病院や治療所に通うのもギリギリの体力で
言いようのない辛い身体で
藁にもすがる思いで治療を受けている。


あと・・・
脳脊が疑われる患者さんの家族とも先日話した。
可哀想にその患者さんには病名がない。

何十年も昔の事故から体調を崩し
病院を転々とするも原因がわからず
呼吸が困難になり現在入院を余儀なくされている。

ご家族がその患者さんに
先日、脳脊髄液減少症について話してあげ
こんな病気があるよと教えてあげたとき
希望の光が見えたと大変喜び微笑まれたそうだ。

病名がついた人
病名がなくさまよっている人
良くなった人
なかなか良くならない人
訳がわからないまま身体の機能を失っている人


こんなことほっといていいのだろうか?


私は、画像上、腰椎から
最低5箇所以上髄液漏が確認できた。
MRIで脳の下垂も確認された。
素人の私が見てもあっこが見ても
脳の下垂は明らかだったし
高橋先生も、地元の脳外科の主治医も
下がっていると診断してくれた。

それなのに・・・
事故による明らかな髄液漏は確認されないし
脳の下垂も無いと保険会社から送られてきた。

また嘘つきと言われたような気がして
非常に不愉快だったが
それよりも脳脊という病気を認めない力や
病気自体存在しないとする力に
言いようの無い恐ろしさを感じた。

こんな状態だから
病名がつがず人生を台無しにされている方がいる。
患者さんやその家族を巻き込んで
悲しい世界をつくっている。

事故が絡むと補償が絡む。
だからといってあるものを無いとするのは
企業の倫理としていかなるものかと思ってしまう。


人は幸せになるために生きていると私は信じている。


こんなに苦しむ患者さんが多いのに
認めない力や
病気自体存在しないとする力に加担する人は
幸せなのだろうか?


良いことをしたとき人は幸せになる。


苦しむ患者さんを踏みつけ
企業の利益を守ろうとする姿に
本来の人間の姿とかけ離れた
悲しい世界をまた見せられた気がした。


スポンサーサイト
プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。