FC2ブログ

二次災害

東北関東大震災で被災された皆様に
心よりお見舞い申し上げます。
私自身、小さいながらもできることを
やっていこうと思っています。

津波の映像を観るたび
人間のつくった文明社会の脆弱さを思い知らされ
また、被災された方々の涙を見るたびに胸が痛く
今の私のできることは何かと自問自答しています。

こんな時に病気についての記事を書くなんて
という意見もあろうかと思いますが
敢えて二次災害という意味で
この記事を書こうと決めました。

今日は、ZiiZiiさんのブログのコメントに書かれた
脳脊髄液減少症患者さんの叫びを転載したいと思います。

私は彼女には何度かお会いしたことがあるのですが
辛い体で車椅子にやっと座って(横になって)
遠方から窮状を訴えに行ってくれた
若くて美しい女性です。

彼女は事故から長い間放置され、
とうとう髄液がゼロになってしまいました。

私自身、かなりの髄液が漏れていましたので
今なお続く彼女の苦しみは
想像を絶するものだと想像できます。

彼女は、周りに気を遣う優しい女性で
迷惑をかけまいと一人暮らしをして
今を生きています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<<二次被害>>
昨年からお願いしていた、障害年金の申請が
なかなか進まないので
4月から生活保護申請する予定でした。

3月~4月にはもう生活が限界になるからと、
以前から言っていたのに
今日、市と連絡をとってくださっている方から
連絡があって

「被災者の受け入れが優先なので、
生活保護の申請は 受けられない。
こういう状況だからわかって」

と言われました。

生保受けられなかったら、
5月から住む家もなくなり病院にも通えない。
この先、生きてく術がない。

でも・・・考えた。
私がいなかったら被災者が何人助かるだろう・・・。
私より「生きたい」人がたくさんいるだろう。
そう思うと「わかりました」と答えるべきか。

被災地でも自殺者が増えているという。
被災地外でも、みんなの目が向かないところで
追い詰められている人が
どれだけいるのだろう・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今、日本がいっぱいいっぱいなのはわかります。
でも・・・ずっと以前から長い間、
苦しみ続けている患者さんもいるのです。

行政がもう少し早く救済の道筋をつくってくださっていれば
今こんな悲痛な声は出なかったはずです。

彼女と久しぶり電話で話しました。
きっと電話の声も頭に響いて辛いだろうと
ゆっくりゆっくり短い時間だけお話しました。
過呼吸になって今病院から帰ってきたと・・・
か細い声で泣きながら話してくれました。

どうか・・・
この病気の患者さんを見捨てないでください。
ここにも災害の被害者がいますから・・・。



スポンサーサイト



プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード