スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カズ

3月25日の日経新聞の記事の中で
サッカーの三浦知良さん(カズ)の
記事「生きるための明るさを」が紹介されていた。

カズは、今回の震災について・・こう述べている

「生きているとはどういうことなのだろう、
サッカーをする意味とは何なのだろう、
見つめなおさずにはいられなかった日々のなか、
思わず頭をよぎったのは『今のオレ、価値が無いよな。』
試合がなくなり、見に来る観客がいなければ、
僕の存在意義もない。

プロにとってお客さんがいかに大切か、
改めて学んでいる。サッカーをやっている
場合じゃないよなと思う。

震災の悲惨な現実を前にすると、
「なくてもいいもの」にみえる。
医者に食料、必要なものから優先順位を付けていけば、
スポーツは一番いらなくなりそうだ。

・・中略・・

でも、僕はサッカーが娯楽を超えた存在だと信じる。
人間が成長する過程で、勉強と同じくらい
大事なものが学べる、
「あった方がいいものだと。」・・

・・中略・・

水も食べる物もなく、家も流され、大切な人を失った
心の痛み・・そうした人々にサッカーで力を与えられるとは
思えない。
むしろ逆だ、身を削って必死に生きる方々、
命をかけて仕事にあたるみなさんから、僕らが勇気を
もらっているのだから。

サッカーを通じて人々を集め、
協力の輪をひろげ「何かの力になりたい」という祈りを
義援金の形で届け、一日も早い復興の手助けをしたい。

そこに29日の日本代表との慈善試合の意義があると思う。

言える立場ではないけれども、いま大事なのは、
これから生きていく事だ。

悲しみに打ちのめされるたびに、乗り越えてきたのが
僕たち人間の歴史のはずだ。

とても明るく生きていける状況じゃない。
でも、何か明るい材料がなければ生きていけない。
暗さではなく明るさを。

29日、Jリーグ選抜の僕らは、皆さんに負けぬよう、
全力で、必死に、真剣にプレーすることを誓う。」


この記事を読んだ時、すごく共感した。
私ってなんなんだろう・・・。命って・・・。
いろんなマイナスの気持ちがこみ上げていた時だった。

それでも・・やはり
それぞれの人が、それぞれの持ち場で、精一杯自分の中に
ある明るさや光を灯すこと、

小さいかもしれないけれど自分にできること・・
これを一生懸命考え行動することが・・
これからの復興にも繋がるように思う。

生きるのが精いっぱいの患者の皆さんも・・
ひとりひとりの中に光があって・・
生きるべくして生かされていて・・
だから、共に生きていきたいし
生きていて欲しいと思う。


昨日29日、Jリーグ選抜vs日本代表の
試合があった。
1対2でJリーグ選抜は負けてしまったけれど、
私はキャプテンのカズが得点した1点の重みに・・
すごく感動した。
スポンサーサイト

二次災害

東北関東大震災で被災された皆様に
心よりお見舞い申し上げます。
私自身、小さいながらもできることを
やっていこうと思っています。

津波の映像を観るたび
人間のつくった文明社会の脆弱さを思い知らされ
また、被災された方々の涙を見るたびに胸が痛く
今の私のできることは何かと自問自答しています。

こんな時に病気についての記事を書くなんて
という意見もあろうかと思いますが
敢えて二次災害という意味で
この記事を書こうと決めました。

今日は、ZiiZiiさんのブログのコメントに書かれた
脳脊髄液減少症患者さんの叫びを転載したいと思います。

私は彼女には何度かお会いしたことがあるのですが
辛い体で車椅子にやっと座って(横になって)
遠方から窮状を訴えに行ってくれた
若くて美しい女性です。

彼女は事故から長い間放置され、
とうとう髄液がゼロになってしまいました。

私自身、かなりの髄液が漏れていましたので
今なお続く彼女の苦しみは
想像を絶するものだと想像できます。

彼女は、周りに気を遣う優しい女性で
迷惑をかけまいと一人暮らしをして
今を生きています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<<二次被害>>
昨年からお願いしていた、障害年金の申請が
なかなか進まないので
4月から生活保護申請する予定でした。

3月~4月にはもう生活が限界になるからと、
以前から言っていたのに
今日、市と連絡をとってくださっている方から
連絡があって

「被災者の受け入れが優先なので、
生活保護の申請は 受けられない。
こういう状況だからわかって」

と言われました。

生保受けられなかったら、
5月から住む家もなくなり病院にも通えない。
この先、生きてく術がない。

でも・・・考えた。
私がいなかったら被災者が何人助かるだろう・・・。
私より「生きたい」人がたくさんいるだろう。
そう思うと「わかりました」と答えるべきか。

被災地でも自殺者が増えているという。
被災地外でも、みんなの目が向かないところで
追い詰められている人が
どれだけいるのだろう・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今、日本がいっぱいいっぱいなのはわかります。
でも・・・ずっと以前から長い間、
苦しみ続けている患者さんもいるのです。

行政がもう少し早く救済の道筋をつくってくださっていれば
今こんな悲痛な声は出なかったはずです。

彼女と久しぶり電話で話しました。
きっと電話の声も頭に響いて辛いだろうと
ゆっくりゆっくり短い時間だけお話しました。
過呼吸になって今病院から帰ってきたと・・・
か細い声で泣きながら話してくれました。

どうか・・・
この病気の患者さんを見捨てないでください。
ここにも災害の被害者がいますから・・・。



祈り

地震の時、私は傍にいない
家族のことが心配になりました・・。
末娘を抱えて不安で不安で・・娘のいる場所に
走って迎えに行きました・・。

長女も次女も泣いていました。

主人は、会社にいて・・「ここでは死ねない・・」
とお守りを握りしめたといいます。
その日、4時間以上かけて夜中に歩いて帰って
来ました。

震災に遭われて、今もなお家族と会えていない方
のことを思うと言葉がありません・・。

どうか、一日も早く心穏やかな日が来るように
家族と再会ができますように・・・と
祈ります。そして・・・自分に出来る事を・・
考えたいです。

まほさんのブログ・・・リンクします。
日本は世界一温かい国だと思います。
どんなこともばねにできる世界に誇れる
国だと思います。

友達のみんみんさんのご主人の家族が
無事でいますように・・。

祈ります・・。


知ること&早期発見

一年に一度人間ドックを受けることにしています。
毎年、少しずつ何かに注意マークがつき、
それにより食生活とかを改めていますが、
今年は、今までにないところが引っかかって、
内視鏡の検査のを受けることにしました。

自覚症状は人間ドック受診時にはなかったの
だけど、実は最近少しおかしいなぁ・・と思っていて、
診断の結果が先日届いて・・やっぱり・・・!と
納得しました。

何事も早期発見早期治療に越したことはないですね。

とういうことで、今日末娘と一緒に人で溢れる
大学病院へ検査の予約をするために行ってきました。

待合室で待っている間(3時間)、絵本を読んであげたりと
時間を持て余していたのですが・・そのときふと見た
内科のテレビの画面でSTROKE ZERO運動
(脳卒中撲滅運動)のことが紹介されていました。

診断が出来るのは、医師だけではありません・・
あなたも診断が出来ます!

という大きな見出しのあとで・・
アニメで症状の紹介がされていました。

① 笑った時に顔の片方が歪む
② 呂律がまわらない、言葉がでてこない
③ 手をあげるとき、片方の手が上がらない・・

などの症状があれば、様子をみよう・・ではなく・・
即119番だそうです。

知っていると・・自分でも家族や自分の身近にいる人の
命を守ることができます。

10年ほど前、父が脳梗塞になりました。
日頃からビールが好きで血圧も高めでした。
その日は家族で食事に行ったのですが、父の顔が
歪んできたのです。母が
「お父さんの顔、変じゃない?」
といって、みんなが
「変だ、変だ・・」
と言い、本人の自覚症状が無いうちに病院に行き
顔面に少し後遺症を残すだけで元気になりました。

本人は、「顔が変だ」と家族全員に言われて内心穏やかでは
無かったようですが…(笑)

その時は、脳梗塞や脳卒中の症状を家族の誰一人
知らなかったのですが・・
「絶対おかしい」と思った感覚を覚えています。

脳脊髄液減少症は、交通事故だけでなく日頃
身体に受ける衝撃(人によっては、その衝撃すら
覚えていないこともあるかもしれません)、
で、発症します。

何らかの症状が出てきた時・・
「脳脊髄液減少症のことを知っている」と、
もしかして・・と思い、適切な治療を施してくれる
医師に辿り着ける確率が高くなるかもしれません。

早期発見早期治療はとても大切です。
そのためには、「知っている事」も大切だと思います。

脳卒中のことも、知っていてくださいね!

交通事故は誰でも起こりえますし・・そう考えると
脳脊髄液減少症も全ての人に知っていて欲しい病気です。

誰かに、こんな病気があるんだよ!と伝えるだけでも、
将来誰かを救うかもしれませんね・・。
プロフィール

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。