スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病の歴史

主人の祖母は、主人の母が小学校に
あがる前に、5人の子供達を残して
結核で亡くなったそうです。
まだ30代でした。
当時は、結核といえば、不治の病でした。

医者に見放された妻の為に、
当時のお金で、1本5000円の注射を購入する
ために、主人の祖父は駆けずりまわって
お金を工面したそうです。
祖母が亡くなってわずか2~3年後に、
ストラプトマイシンなどの
結核に効く薬がでてきました・・。

主人の母の家は、関西で商売をしていましたが、
結核患者を出したことで、
商売が成り立たなくなりました。
言われのないことを、言われて
当時幼かった義理の母は、
深く傷ついたことも話してくれました。

「大河の一滴」や「青春の門」の作者である
五木寛之氏の父親も結核で亡くなったようです。
五木氏の書かれた著書の中で、
当時は、結核患者がでた・・というと
鼻をつまんで家の前を通りすぎる人もいたため、
ずっと父が結核であることを隠していたと
述べられていました。

今では、こういう話が昔話のように感じるのも、
医学の発展によって、
結核が適切な治療をすれば
治る病気へと変わっていったからだと思います。

脳脊髄液減少症が、人々に知られて
交通事故や身体に受けた衝撃でなりうることが
当り前に皆に知れ渡るようになれば、
医学もそれと共に研究が進み、
脳脊髄液減少症の悲しみの長い歴史に
ピリオドがうてるかもしれない・・。

研究班で作成されている
脳脊髄液減少症の診断基準が、
現在苦しんでいる多くの患者を
救うものであると同時に、
いつの日か、
脳脊髄液減少症の悲しみの歴史に
ピリオドをうつための布石となって欲しいと
切に願います。
スポンサーサイト
プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。