スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医学論争に思う・・

脳脊髄液減少症は、交通事故などの外傷によって
起こるのは極めて稀であると唱える医師がいます。
脳脊髄液減少症の患者は非常に少ないと
いう結論を導き出すために、様々な主張をしているように
思えます。

一方、交通事故などの外傷で
むち打ちと診断された患者の中で、
様々な神経症状が長引いている患者は多く、
それらの症状は髄液が漏れる事によりおこる
・・つまり脳脊髄液減少症である
と唱える医師もいます。

医学論争ともいえるバトルが日経メディカルでも
繰り広げられていました。

脳脊髄液減少症に否定的な医師は、
そのマイナス面を強調したものを掲載し、
多くの患者を救っている篠永先生は、
毅然とした反論文をその後掲載しました。


人それぞれ考え方も違うし、
意見の対立は仕方ないと思います。

ブラッドパッチで効果の無い患者さんも実際存在しますから、
その患者さんを例に挙げて、ブラッドパッチを無意味な
怖い治療と主張することもできると思います。

でも、ブラッドパッチ治療によって社会復帰ができたり、
苦しい神経症状が軽減もしくは無くなった人が合わせて
7割いるのも事実です。

相手を、自分の主張でやっつけようとする・・、
優秀な医師達の間でも、このような論争があるのは
悲しいことだと思います。

自分が正しい相手は間違っている・・・
そこにとどまらず、
相手も正しいかもしれない・・と思いやって
相手の主張を否定しないこと・・・

もしかしたら自分の意見にも修正を
加えるところが必要なのかもしれない・・
そう思うことで、
医学もどんどんと発展していくのではないかな
と思ったりします。

脳脊髄液減少症のブラッドパッチ治療に対して、
否定的な考えを持つ医師は、パッチ治療が効かない
患者には、どういう代替治療があるのかを、
現在パッチ治療をしてくださっている医師と
共に考えてほしいです。

この病気の患者の苦しみを軽減する努力をすること・・

それが、医療であり、医師の尊い役目なのではないかな・・と
思います。

自分が医師だったら・・・・と、かーこが病気に
なったときに心の底から思いました。
それくらい、医師という職業は
尊い職業だと思いました。(今でも高橋先生の
ような先生に出会えたので、そう思います。)

論争している場合でしょうか…?
患者を診てください・・。
何人もの患者を。

実際、脳脊髄液減少症を患った患者は、
10代、20代・・もっと若い人もいます。

寝たきりの人生を余儀なくされています・・

病気自体は存在している事実があるのにもかかわらず、

自分は正しい、相手は間違っていると
治療にあたる医師を論じ込めることで、
患者が救われるでしょうか…。


対立からは何も生まないと思います。
協力してほしいです。


「自分には生きる意味がありますか・・」と叫んでいる
患者がいます。

患者を治してあげてほしいです。

患者を助けてあげてほしいです。



---------------------------------------------------------------
「架け橋」執行部からのお知らせ

「*携帯電話から会員登録ができるようになりました!」

「架け橋」会員登録ページ

>http://cfhjp.net/modules/pico/index.php/5_touroku.html
スポンサーサイト
プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。