スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうすぐ1年

梅雨の嫌な季節。
昨年のこの時期は
人生最悪と言ってよいほどの体調不良に
すっかり冷静さを失っていました。

次々出てくる訳のわからない症状になす術も無く
病名を求め東京に行く日を祈るように待っていた
そんな時期だったと思い返せます。

このままでは生きていくことも難しいなと感じながらも
誰にもそのことを言うこともできず
逃げることの出来ない苦しみに身を置いて
誰にもわかってもらえない孤独にただ耐えていた
そんな感じだったと思えます。

BPからもうすぐ1年。
回復には大きな波や小さな波が繰り返しやってきて
大きな波が来たときは
BPで悪化したのだろうか?とか
私は治らないのだろうか?とか
真剣に悩んだりしていました。

その悪化が好転反応だと気付くのには少し時間がかかり
今なら好転反応ってああいう時のことをいうのかと
冷静に思い返す自分がいます。

梅雨のこの時期
だるさや肩の痛みなどがあり
事故前のようにはいきませんが
明らかに去年のこの時期よりは回復していて
自分でもびっくりするほど元気になりました。
そして家族にも本当に良くなったねと言って喜んでもらっています。

自分の経過を分析すると
私の場合BPで著明改善できた幸運な患者だったと思います。
訳のわからない症状の多くがBPで消えていきました。

強い鞭打ちのような症状
(例えば首の痛みや後頭部の痛み肩の痛みなど)は
東洋医学を取り入れて根気よく治療しています。

東京から高知に帰って約半年
最初の1ヶ月は毎週、それからは毎月1回から2回
構造医学に淡路島に通いました。
その先生に首や後頭部を治療してもらい
痛みの多くを取り除いてもらいました。
回数を重ねるごとに好転反応を繰り返しながら
嘘のように痛みが取り除かれました。
びっくりするほどの効果をお陰様で実感できました。

5月に腰を痛めて遠距離(淡路島)には行けなくなってしまい
高知に気功整体のすばらしい先生がいるとの情報を
高校時代の友人から教えてもらい
最近はその気功整体に通っています。

気功も私の身体には合ったようで
自分の身体を自分で治す力を養ってもらっています。

低髄で弱りきった身体を回復するのに
東洋医学の力を借りるのは私の経験から良いことだと思います。

この一年
私はBP後4ヶ月目から定期的な点滴を続け
そして・・・
構造医学(半年)→気功整体(2ヶ月)に通い
並行して漢方・サプリ(黒酢・ビタミン・ブルーベリー)養命酒の服用を
きちんと続けています。

自分に何が合ったかはわからないです。
でも明らかに良くなりました。
自分に合う治療法を続けて頑張るしかないですから
これからも社会復帰が出来るように頑張ります。



スポンサーサイト
プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。