スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お医者さんも色々・・・

次回会合で長妻大臣に提出できるようになった
追加の請願署名へのご協力お願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

脳脊髄液減少症になってから
ドクターショッピングを繰り返し
色々なお医者様がいること知りました。

それまでは医者にかかっても
風邪をひいて近所の町医者に
薬をもらうくらいだったから
そこまでお医者さんの資質について考えること
正直なかったです。

脳脊髄液減少症になってから
お医者さんも色々だと感じるようになりました。

勝手ながら私なりのランク付けです

まずはこの病気の治療に
医学会からの批判にもめげずに
患者救済に力を尽くしてくださるお医者様。
脳脊髄液減少症患者にとっては有難い先生・・・。

次に医学の知識が乏しいため
脳脊髄液減少症等という病気の存在に
気付けないが患者を救いたい気持ちはある先生・・・。

その次に脳脊髄液減少症という病気の存在は知っているが
関わるとややこしいから
知らないほうが得策だと逃げている先生・・・。

最下位に脳脊髄液減少症という病気を知っているにもかかわらず
患者の治療には全くあたらず
患者以外の利権とつながり
もしくは近年脚光を浴びている先生方への嫉妬からか
脳脊髄液減少症患者を救ってくれる先生方や苦しむ患者の
足を引っ張る先生・・・。

この病気になって私は
全てのパターンのお医者様に会いました。
そして・・・
患者である私が
ただ病気とだけ向き合いたいのに
耐え難いストレスを
本来、患者を救ってくれるはずのお医者様から
感じたこともしばしばありました。

髄液漏れという原因は
医療事故でない限り医者には責任がないかもしれません。
けれども・・・
髄液漏れを放置することによる
失職・不登校・家庭崩壊・重症化による後遺症
自殺未遂・自殺・・・・
これらには医者にも責任があると
いわざるを得ません。

そして、こんな病気があるとうすうす知っておきながら
放置してきた国にも責任があるのではないでしょうか?

脳脊髄液減少症という病気があると
篠永医師により発表されて10年。

医学の知識のない私は
病名がつくまで
脳と脊髄の周りに髄液という
水が循環していることさえ知らず
身体のあちこちに出てくる不調に
ひとり苦しんでいました。

全てのお医者様にまずはこの病気のことを
詳しく勉強して知ってもらいたい。
そして・・・疑いのある患者には
その病院で治療できなくとも
脳脊髄液減少症の可能性を伝えて
決して手遅れにならないよう
検査のできる病院へ早期に搬送してほしい。

日本全国どこに住んでいようと
医療体制がそんなふうに整うよう
一患者として願っています。


スポンサーサイト
プロフィール

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。