FC2ブログ

柔軟な対応

女子フィギアの真央ちゃん、頑張りましたね。
次につながる結果だと思います。
本当に頑張って、頑張って、極限に挑戦して、
その結果の銀メダル・・・真央ちゃんの悔し涙は、
とても美しかったと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで・・話は変わりますが、
今までに書くことを控えていた保険会社への
気持ちについて述べたいと思います。

交通事故の追突により脳脊髄液減少症になった人は
脳脊髄液減少症患者の半数を超えるといわれています。

しかしながら、事故による損保会社の対応には
ばらつきがあり、有効な治療である
ブラッドパッチについては治療法が
確立されていないから支払いができない・・
もしくは、脳脊髄液減少症と交通事故の因果関係
は無いと主張し支払いを拒むケースなど
様々あります。

かーこのように、事故を境に体が徐々に悪くなり、
梅雨時から息もできず、頭も握りつぶされるほど
痛くなり、座ることもできず、寝たきりになるような
ケースでさえ、脳脊髄液減少症と事故との
因果関係を損保会社から否定され、
ブラッドパッチの支払いは拒否されています。

それなので、事故後何年もしくは、何十年たって
脳脊髄液減少症を発症したケース、もしくは、
事故後半年ほどで示談して、その後悪化した
ケースなどを耳にすると、患者の悔しさ
は計り知れないと思います。なぜなら、
因果関係は間違いなく否認されていると
思うからです。

今、メディアで
「交通事故により脳脊髄液減少症を患った・・」
という報道がされています。

損害保険会社は、事故と脳脊髄液減少症との
因果関係を否認するのではなく、事故により
脳脊髄液減少症になるケースを視野にいれた
対策を新たに考える時なのではないかと思います。

あくまで個人的な意見ですが、安い保険料で
すべてをカバーするのは難しいのであれば、
保険料をあげるなどの措置も必要かと思います。
いっそのこと、保険料が少しくらい高くても、
追突事故による脳脊髄液減少症の
治療費もカバーしますと契約時にきちんと
いってしまうくらいの保険会社の方が,
交通事故との因果関係を
かたくなに否定する保険会社より、
はるかに信頼ができると思います。

事故後、数ヵ月たっても症状が治らず悪化する
場合に、脳脊髄液減少症である可能性を
疑うことが必要だと思います。

現状では数ヵ月たっても治らない患者は、
保険会社からも医者からも保険金目当ての
ように扱われることのが多いのです。

シンプルに考えても、なぜ被害者が高額な治療費を
捻出しなければならないのでしょうか・・。

保険会社も脳脊髄液減少症について
深く知る必要があります。もちろん、
医者の診断漏れもあってはならないと
思います。人の人生を左右しますから。

変化する現状、実在する病に対しての
柔軟な対応が保険会社には求められる時期に
きていると思います。
スポンサーサイト



プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード