FC2ブログ

1/4の奇跡~ほんとうのことだから

昨日、映画
「1/4の奇跡~ほんとうのことだから」
を観てきました。
この映画は、養護学校教諭のかっこちゃんこと
山元加津子さんが出演されているドキュメンタリー映画で、
自主上映されています。

以前から、
かっこちゃんってどんな方だろう・・・
と思っていた私は、
先週、図書館の貼り紙で1週間後に上映されることを知り、
何としてでも観に行こう!
と3人の子供を連れて観に行ってきました。

映画の中でかっこちゃんはいいます。

「自分のことを自分の身体ごと
 抱きしめるように好きでいられたら、
 やっぱり相手の人のことも、
 同じように大事、大好きって思えるんじゃないかな。」と。

また、出演者の方も、

「病気には意味がある・・・
 病気そのものに社会の中で・・
 ある大きな意味がある。」

「すべてのことやものは必要があって存在していること。
 みんなが違っていていい。
 そして一人一人が大切でかけがえのない“いのち”であり、
 それを生かす大きな大きな存在。」

「人生に無駄なことはひとつもないと思う」

という言葉を述べていて、

私も、うんうん・・・そうだよ。そうだよ。
と思いました。

かーこの病気もそうだけど、
今まで繋がってきた人にも、
起こったことにも、
すべて意味があると思っていたから。

かっこちゃんが、

「ひとには足が速い人おそい人がいますよね・・
 そういうことは頭でわかるんだけど、
 でも、それが心の問題となると、
 すぐかっとなる人を優しくない人だとか批判してしまう・・・
 これってなんだか悲しいですよね・・
 その心でそれでいいんだって思いたいですよね・・」

「目に見える障害だけではなく、
 目に見えない心の中に傷を持つ人、
 手足をもぎ取られるほどの苦しみを持つ方も
 おられるでしょう・・。」と。

もちろん、
生きていると凹むこともあるし、
悔しいこともあるし、
泣きたいこともあります。

でも、そんな出来事でさえ、
いつか振り返るときがきっときて、
感謝できる出来事になることだってあるはず。

かーこも、先日言っていました。

「病気になって、
 自分ではどうしようもない苦しみの中にいる人が
 世の中にはたくさんいることがわかっただけでも、
 自分のこれからの人生にとってすごく良かったと思う・・・」と。

かーこは、きっと完治すると
私は思っています。

映画に出てくる雪絵ちゃんの話

これは、私の大好きなまほさんのブログでも
ずっと紹介されています。

雪の降る12月に生まれ、
12月に神様のもとに昇天した素敵な女の子です。

雪の結晶は、本当に美しいですね。
でも1つたりと同じ形の結晶はないのですよね。
本当に神秘的です。

かっこちゃんが言っていました。

「この世はデジタルなんですよ・・・」と。

私も、なんだかそうだと思います。

かっこちゃんも、双子でした。
ちょっとびっくりでした。


スポンサーサイト



プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード