スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になる漢方

年末年始、絶不調で
眩暈や吐き気で起きていることもできず
それに加え首の痛みと頭痛・・・。
頭痛も、場所を変え、痛みを変えて
急に寒くなったりしたから
気圧の関係で同病患者さんの中にも
体調を崩されている方多くて
私もそうなのかな~なんて考えたりしました。

なかなか・・・敵(←病気のこと)は攻撃の手を緩めてくれず(笑)
年始からは元気になっているつもりが(←勝手な希望)
そんなに簡単にはいきませんでした。

それでもBP前なんかと比べると
体調は天と地ほどの差があり確実に良くなっています。
BP前は発狂しそうな苦しみでした。
髄液が漏れきって身体が落ちきっていたから
BPをしたからといって
そうは簡単にすぐ元気というわけにはいきません。

新年に高橋先生のブログ
はなさんという方が投稿され
漢方の紹介をしてくれていました。
早速、漢方薬局に行って処方をお願いしたところ
病院で処方箋をもらえるとのことを聞き
かかりつけの脳外科のお医者様にお願いしました。

そしたら・・・
「出しちゃお・・・出しちゃお・・・。」
「効いたらえいのにねえ・・・。」
と言って28日分もツムラの漢方頂きました。
高橋先生のブログの
はなさんのコメントコピーを見せたのです(笑)

「先生、有難うございます。。。」
と深々頭を下げ頂いてきました。
今年は早速いいことがありました・・・!!!
牛車腎気丸(ゴシャジンキガン)・・・ツムラ107番
補中益気湯(ホチュウエッキトウ)・・・ツムラ41番
袋一杯頂きました。

昔は薬なんて風邪をひいたとき
一年に一度飲むか飲まないかだったのに
脳脊髄液減少症になって
薬を飲んで身体を誤魔化さなくなってしまいました。
騙されてくれればまだいいのですが
脳脊髄液減少症はあまり薬が効かないのです。
けど・・・この漢方には期待しています。
素直に誤魔化されて下さい(笑)
そして・・・誤魔化されて治ってください(笑)
私の感想は暫くたってからにします・・・。

読んだ方もいると思うのですが勝手に引用です。
はなさん・・・お許しください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
はな (2010年1月 3日 20:03)
新年おめでとうございます。
「漢方療法」…小脳の下垂について…
腎臓の働きを良くしながら、
髄液の調整をする煎じ薬「牛車腎気丸」の服用を続けた所、
パンパンに張っていたからだの内側から圧力が抜け、
頭の中の余分な水も抜けたようで、
頭の中がすっきりして眼精疲労が楽になりました。
仰向けに寝ることが少し出来るようになりました。

その結果、いつもの漢方薬局で
「下がった小脳を上げる薬はありますか?」とダメ元で尋ねた所、
「牛車腎気丸と併用する場合、補中益気湯が良いでしょう」
と(私は甘草抜きで)煎じ薬を処方してもらい飲み始めました。
補中益気湯は「中」つまり
胃腸の働きを良くしながら体力を回復させ、
下がった内臓を持ち上げる効能があるそうです。

年末には底に張りついていた小脳がはがれて浮き始めました。
漬け物石が取れたようにからだは軽くなりましたが
中途半端に浮いている小脳はやはりふらつき、
動き方は注意を要します。それでも髄圧が亢進していた時の
死を思う程のふらつきに比べればかなり小さいので、
耐えられます。

ビックリです。
病名がつくまで長かった患者さんのうち、
一人でも良くなってもらえればありがたく思います。
字数制限、まずは途中経過まで…


スポンサーサイト
プロフィール

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。