スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドの逸話

一人の水汲み人が住んでいました。
彼は仕事に二つの大きな壺を使っていました。
長い棒をくびにかけ、両端に一つずつ
壺を吊り下げました。
一つの壺は一か所大きくひび割れたところがありました。
もう一つには全く傷がありませんでした。
そちらの方には水がいっぱい汲まれて届けられましたが、
ひび割れた方は家に着くころには水が半分しか
残っていませんでした。

 二年間この水汲み人は同じことを繰り返しました。
傷のない壺は自分のしたことに得意げでありました。
しかしひび割れた壺の方は十分でないことを恥じ、
半分しか運べなかったことを惨めに思っていました。
ある日、流れのそばで、ひび割れた壺は水汲み人に、
その辛い思いを語りました。
「私は自分を恥じるんです。水を半分しか家に届けられなくて、
本当に申し訳ありません。私にはひび割れがあり、
水がそこから漏れてしまうのです。
そのため、あなたがせっかく運んできてくださっても
充分な仕事をすることができませんでした。」

 すると水汲み人は笑顔で答えました。
「ご主人の家に帰るとき、道端にある美しい花をみてごらん。」
その日の帰り道。ひび割れのある壺はあたりを見回しました。
「おまえの側にだけ花が咲いているのがわかるかい。
反対側にはないんだよ。」

水汲み人は言いました。
「それは私がおまえのひび割れを知っていて、
それを利用したんだよ。おまえが通る側の道端に
種を蒔いておいて、毎日ここを通る時、
水をやっていたのさ。もう二年間、
私はご主人にその美しい花を摘んで、
きれいに飾って差し上げているんだよ。
おまえがそのようでなかったら、
家を美しく飾ることはできなかったんだ・・」


インドに伝わる話だそうです。娘の学校の
校長先生の新年のお話です。


話はかわりますが・・・

今日ニュースをみていると、
2006年から施行された障害者自立支援法について、
長妻厚生労働大臣が同法を2013年には
廃止することを発表し、謝罪しました。

障害者自立支援法は、障害者及び障害児が、
その有する能力及び適性に応じ、
自立した日常生活又は社会生活を
営むことができるようにすることを
目的とする日本の法律です。

この法律施行後、2006年から2009年の3年間、
障害に対する継続的な医療費の自己負担比率が、
5%から10%に倍増し、仕事においても、
自立および支援という名の下、
経済的に障害者を非常に苦しめる結果となっており、
家族および、障害をもった方々自身が
国への集団訴訟という形をとり、国を動かしました。


脳脊髄液減少症という病気と認められていない苦しい病
に対しても、患者や家族の気持ちを一日でも早く汲んで、
国として動いて欲しいと強く望みます。
スポンサーサイト
プロフィール

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。