スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正しさの不確実さ

今日は嬉しいお知らせです。

心から尊敬し感謝している高橋先生のブログに

私たちのブログが紹介されました。


高橋先生のブログ



未だ病として認められない脳脊髄液減少症です。

治療法が明確に確立していないと医学会でも

対立があるなか、この病の患者の為に力を

尽くして下さっています高橋先生に心より感謝

申し上げます。



どのようなことでも、大きく変わろうとする

渦中では、抵抗勢力が存在すると思います。




歴史上でも、宗教戦争、魔女裁判、踏み絵、

奴隷解放運動、男女平等への運動・・・

あげるときりがないのですが・・・すべてその渦中

では、今まで正しいとされてきた出来事が、

そうでないと気付く少数の人達により

時には命をかけ、時間の流れの中

良い方向へと動いています。



正しいという価値判断が、そのように変化する

ものであるならば、私自身も自分の正しいという

価値基準が非常に脆いものであるとも思います。




相手が悪い、自分が正しいと・・対立するだけではなく、

多くの意見を聞き入れる柔軟さが大切です。



お医者様には、患者の声を聞いてほしいと思います。

かーこが・・先日近医に、「君はもともと首が弱かった

だけで、ブラッドパッチのようなイクセントリックな

治療では治らない・・

本当にやりたいのなら、髄液が漏れているのを

検査しつづけ3か月に1回やり続けたら

どうですか・・?。

・・・・・・・・・・・ながながと・・・・

否定的な意見をのべた挙句・・・・


争ったりしても無駄(←誰も争うつもりはない!)

だよ・・と言われたようです。





この病気に疲れたよ・・・・と少し意気消沈気味でした。

でも、言われるがまま帰ってきませんでした。




かーこは、自分のかつての症状を説明し

パッチ後の改善点を述べてきたようですが

疑心暗鬼のなか、どれだけそのお医者様が

聞く耳を持ってくれたかはさだかではありません。



患者の声を聞いてください。自分の正しいと

思うことが、もしかして正しくないかもしれない

という柔軟さも持ってほしいです。

いつか、時のながれのなかで

医学会のなかでも、あたりまえのように

この病が認められ、

患者が言葉の暴力で辛い思いをする

ことなく治療できますことを願います。
スポンサーサイト
プロフィール

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。